« ボウイよりボン・ジョヴィの方が有名らしい(英会話・続き) | トップページ | きかれて困る質問 »

2020.07.07

訛り

オンライン英会話の記事が増えてきたので、カテゴリ作りました。
今日もオンライン英会話のお話です。

最近ちょっと気になっているのが訛り。
色々な先生、色々な国の先生からレッスンを受けているのは、「この先生にだけ習いたい!」という突出したお気に入り先生がいないという事もありますが、「その方が色々な訛りにも対応できるかも」という思いもあるからです。

オンライン英会話界で最も多いフィリピン人の先生は「aren't」を「アレント」と発音する方が多いようです。普段「アーント」と発音する私は、それを注意された事はないけれど、先生に「repeat after me」と言われたら、真似して「アレント」と言ってます。

ちょっと興味が沸いてネットで調べてみたら、「weblio辞書」の発音もフィリピン人程はっきりではないけれど「アレント」っぽかったです。
発音記号では米国英語だと「άɚnt」、英国英語は「άːnt」なんですね。

スイス在住の方が、小学生のお子さんのクラスメイト22人のうち18人が「アーレント」と発音し「アーント」派は4人だけだったという話をブログにあげていたのも興味深かったです。

「英語の訛り」といわれて他に思い出すのはコックニー訛り。ロンドンに住む労働者階級の人々が使う英語ですね。
デヴィッド・ボウイはコックニー訛りを武器に出来るらしい(笑)。
相手をリラックスさせたい時にはコックニー訛りを使い、公式な場では訛りなく話したりと使い分けれたそうです。私にはわからない世界ですけどね。ただ、私がもっともよく聴くアーティスト、ボウイ、ボン・ジョヴィ、ビートルズの歌を聴いていると、「ボウイだけちょっと独特だな」とは思います。それが訛りなのか、単にカッコ付けてるのかは全くわかりません。ローマ字読みっぽい発音を結構するんですよね。ドイツ語っぽいというの?
語尾を強調する歌い方は「ボウイ訛り」というべきか(?)。

もっとも、ボウイは南ロンドン生まれなので、正確には「コックニー」ではないそうです。デイヴィッド・ベッカムとかマーク・ボラン、チャーリー・チャップリンが本当の(?)コックニーだそうです。チャップリンの声は聞いた事ないけど。

あと思い出すのがマイケル・ハッチェンス(INXS)の発音。
"Original Sin"の歌い方はすごくカッコ良いと思うんですが、特にここ。

There was a time when I did not care.
And there was a time when the facts did stare.
There is a dream


短い間に3回立て続けに冠詞の「a」が出てくるんですが、これを「エー」って発音してるんです。
「エータイム」「エードリーム」って感じ。
これはオージー訛りなんでしょうか? "Original Sin"ならぬ「オリジナル訛り」でしょうか? 真似したくなる~。

オーストラリア繋がりで思い出すのは、オリビア・ニュートン・ジョンの"Have You Never Been Mellow"。ボウイとは違う意味で、語尾の処理が独特です。

There was a time when I wa------s
With your head up in the cloud----s I wa----s
Close your eye----s


「最後の"S"は発音しないのかな」と思いきや、忘れた頃に(大袈裟)発声する。これはオージー訛りではなく、「オリビア訛り」なんでしょうか? セクシーです。

奇しくも両曲とも「There was a time」で始まってますね(驚)。
ちなみに、オリビアは「a」を普通に「ア」と発音しているように聞こえます。

という感じで、訛りなのかその人の個性なのか、日本人(私だけじゃないよね)には区別がつきにくいですが、そういう所は印象に残って、魅力になっていると思います。

ところで以前、ネイティブキャンプでは「日本人の先生の予約に必要なコイン数は高い」という旨書きましたが、予約せず待機している先生とタイミングが合ってその場でレッスンスタートする場合はコインは不要です。今日初めてうまくタイミングが合って日本人の先生をコインなしでつかまえる(失礼)事が出来ました。なんとその先生は福島在住というではありませんか! 「5分間ディスカッション」の「sports」を選んだのに会津の話とかお城の話に花を咲かせてしまいました。そうなるとわかっていたら、松平容保の事が好きな理由を英作文して準備したんだけどなぁ。
ちなみにその先生は福島訛りがあるそうで、「英語の発音と日本語の標準語の発音と両方の勉強をしなくちゃ」みたいな事を言って笑わせてくれました。9割以上英語で頑張ったけど、やっぱり日本人の先生だとほっとする~。

|

« ボウイよりボン・ジョヴィの方が有名らしい(英会話・続き) | トップページ | きかれて困る質問 »

コメント

おひさしぶりでーす。

オンライン英会話、楽しそうですね。

私は訛りがつくのがいやでシェーンに行ってましたが、イギリス人の中でも地方によって訛りがあるから、あまり関係なかったみたい(^^;)。

INXSが前にMTVだったかアメリカの番組でインタビューを受けたときに、メンバーの誰かが「トゥダイ(today)」(典型的なオージー発音)って言っちゃってから、あわてて「トゥデイ」って言い直してて、やっぱり「公の場では標準語」みたいな意識がある」のかなと思いました。かっこ悪いからというわけではなく、誰にでも通じるようにって感じで。

投稿: shoh | 2020.07.11 20:49

わー、 shohさん、お久しぶりです~♪
シェーンでしたか!(近所にあります)

>イギリス人の中でも地方によって訛りがある

あっ。
ミック・ロンソン(ハル出身)はすごい訛ってるらしいのに、挙げるの忘れてた。
shohさんはシェフィールドの訛りとか研究してそう。

「トゥダイ」は「to die と思われたらイケナイ」と気を遣ってたりして。

>「公の場では標準語」

そうですねー。
日本でも、テレビに出る人は標準語を使う人が圧倒的に多いですもんね(大阪の人は別かな?)。
ニュージャージーはニューヨークに近いから、ジョンは標準(米)語ですかねー。

投稿: YAGI節 | 2020.07.13 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボウイよりボン・ジョヴィの方が有名らしい(英会話・続き) | トップページ | きかれて困る質問 »