« カラン・メソッド ステージ3を終了して思う事 | トップページ | 似顔絵 »

2020.08.03

カラン・メソッド 脳トレから勉強へ

前回、

「人気講師予約無料キャンペーン中なので、ここ数日はカランの鬼と化していた」

という旨を書きましたが、
ありがたい事にそのキャンペーンが昨日まで延長されていたので、更に頑張りステージ4まで終わらせましたっ!
(もっともこの後、ステージ3と4の復習があるので、正確には完全に終わったとは言えない?)

最初は「1ヶ月で1ステージ位」と思っていたので、予想をはるかに上回るハイペース。まぁ、カランは短期集中が良いらしいので、無理する位でちょうど良かったのかもしれません(?)。

そして「ステージ3を終了して思う事」という記事を書いてから1週間しか経っていないのに、感じている事が随分変わりました。

たとえば前回は「カランは脳トレみたいな物」と書きましたが、ステージ4に入ったら(私にとっては)一気に難しくなって、勉強っぽくなってきちゃいました。復習が必要になってきちゃったんです。

カランは予習は禁止されてます。
そして、序盤のテキストに書いてある事は簡単だったので復習する必要もありませんでした。カランでは丸暗記も推奨されていないので、ちゃんと答えられなくてもあんまり気にしないで進めてました。

が、意味すらわからない所は復習をします。
先生が言う事を真似しても、自分で何言ってるかわからなかったらさすがに問題だと思いまして。っていうか、意味がわからないと真似すら出来ない事もありますね(恥)。

ステージ3まではわからないのは文法用語位だったんですが、ステージ4は結構わからない所が出てきちゃいまして、勉強っぽくなってきた次第です。

そして前回は
「決まった事を聞かれ、決まった事を瞬時に答える」と書きましたが、ステージ4では決まってない事を答えさせられる事が増えました。

「私には何色のドレスがいいと思う?」とか(わかんないよ)
「今度の休み、何をしたらいいと思う?」とか(知らないよ)。
reading を勧めたら、eating に聞き間違えられました。そのままにしておきました(爆)。

自分の腕時計の値段をきいてくる質問もあり、「2万円」と答えたら「そんなバカな」みたいな感じで、ある先生には笑い転げられました。
「失礼だなぁ」と思いつつも、「フィリピンは貧しい(平均年収20万)から、腕時計に2万もかけないのか」と思いきや……、私が二桁間違えてました。200万円って言ってたみたい(滝汗)。別の先生はそれでスルーだったんですけど。叶姉妹みたいな人だと思われたでしょうか。そんなわけないか。円で答えたから、よくわからなかったんでしょうね。まぁ、ただの英語の勉強だから別に真実を言わなくてもいいんですけどね。200万円の腕時計をしていたっていいし、100万円でチンゲン菜を買ってたっていいんですよね(違)。

印象的だったのは「ugliest place はどこか」という質問。
実は前のステージでも似たような質問がありました。その時は先生が「地獄」と言っていたので真似して「地獄」と言っていたんですが、今回は「行った事のある場所の中で ugliest place」という質問だったので、「地獄行った事ないし」と固まってしまいました。先生は「mountain?」なんておっしゃってたので、その時は真似して「mountain」と言ってみましたが、山を醜いと思った事ないし。
カランの音声データを聴いてみたら、「ペキン」って言ってるように聞こえました。まさか「北京?」と一瞬思ったけれど、北京の事は別のステージで「Beijing」って言ってたので違うよね。聞き取れません。ナゾです。
ネットで調べたら「歌舞伎町」と答えた人もいるらしいけれど、歌舞伎町で働いた事ある私(風俗じゃないよ)としては、それも言いづらい。
別の先生との復習時にためしに「crowded road」と答えてみたら、先に進めました。良かった。ugly は「醜い」という意味ですが、「不快な」という意味もあるみたい。車に酔った時の渋滞は地獄みたいなものなのでOKなのかな。

笑ったといえば、"We call a bad dream a nightmare"と言わなければいけない所で思わず "bad name" と言ってしまった。ボン・ジョヴィのせいです。もうそういう口になってしまってるんです(苦笑)。

デヴィッド・ボウイを連想させる質問もありましたよ。
それは、"Do you believe there is life on other planets?"という質問。
もちろん"Yes"と答えました。other planets の部分を Mars にしたくてたまらなかった。
ボウイの LIFE ON MARS? という歌には"Is there life on Mars?"というフレーズが出てきます。それは「火星に生物はいる?」という意味だと思うんですが、邦題は「火星の生活」となってます。誤訳?……と調べようと思ったら、LIFE ON MARS? の事を無茶苦茶深く、読み切れない程掘り下げているサイトを見つけてしまいました。ちょっと感動……。

話がそれましたが、
そんな感じで、脳トレから勉強っぽくなってきたカラン。これからが本番なのかもしれませんね。
ネイティブキャンプのキャンペーンは終わってしまったけれど、この後も細々と続けていこうと思います。

|

« カラン・メソッド ステージ3を終了して思う事 | トップページ | 似顔絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラン・メソッド ステージ3を終了して思う事 | トップページ | 似顔絵 »