« GoTo キャンセル | トップページ | 寒っ!! »

2020.12.12

歌は楽しいな

この記事、作成途中で下書保存にしたつもりが、間違って「下書き」というタイトルで保存してしまっていました。公開されてました。慌てて直しましたがRSSにもきっちり吐き出されてしまったみたいで、それは消せません。あああ(恥)。

気を取り直して、

『ルパンの娘』第2シリーズが終わってしまいました。
終わってしまったのは寂しいけれど、続編があるとは思ってなかったので、見られて嬉しかったです。
のみならず、映画にまでなるとは。
なのに、最終回の視聴率はたったの4.8%。
なのに、満足度ランキングではトップクラスだそうです。
私も大満足♪

いやー、円城寺さん(大貫勇輔さん)良かった!!
今シリーズでも、素敵な歌と踊りを見せてくれました。
常に神出鬼没で思わぬところに登場しますが、三途の川にまで現れて恋敵を助けちゃうなんて、天使みたいだったなぁ。
そして、そのパパ役がまさかの市村正親さん。
確かにあんなに円城寺さんのパパにお似合いの役者さんはいないけどっ!

階段でデュエットなんかしちゃって、もう完全に舞台の世界でした。ああ、楽しかったよぉ。

↓は最終回前に公式ツイッターにあげられていたもの。2人の去り方が最高すぎる(笑)。

瀬戸康史さん扮する和馬がしょっちゅう悪い人達に捕まってたんですが、「捕まり癖がある」と言われていて笑ってしまった。
『ろくでなしBLUES』の千秋が「さらわれすぎ」と『アメトーク』で叩かれていたのを思い出しました。昔は女の子が捕まって男の子が助けに行くものでしたが、今は男の子が捕まって女の子が助けに行くのですね。

本人も「捕まり癖」を自覚していた!!(爆笑)

|

« GoTo キャンセル | トップページ | 寒っ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GoTo キャンセル | トップページ | 寒っ!! »