« 京都旅行2022秋 その3 | トップページ | す、す、すごいっ!! »

2022.11.18

京都旅行2022秋 その4

大河ドラマ『新選組!』が放映されていた頃に、江戸東京博物館で『新選組!展』という展覧会がありました。当時の事はよくおぼえていないのですが、「そのうち行こうと思っていたら終わっていた」という印象があります。

大河ドラマ館は1年近くやってたりするけれど、一般的(?)な博物館では、そんなに長期にわたって一つの特別展をやるわけではないんですよね……。
しかも、今確認してみたら『新選組!展』が東京で開催されたのは2004年4月3日から5月23日でした。
その頃は、まだ史実の新選組にはそれほど興味がありませんでした。ドラマは面白くて欠かさず見ていたけれど、ネタバレしたくなくて、情報はあまり頭に入れないようにしていました。本を読み漁りだしたのは、ドラマが終わった後だったんです。

その後、新選組関連のいくつもの展覧会に行って、色々な展示を見てきましたが、『新選組!展』ほど大規模で充実した展覧会はなかったんじゃないかな(行けなかったから余計にそう思うのか?)。後に図録を見て、「これを見に行かなかったなんて!」と地団駄踏んだのでした。

というわけで、あれ以来の大型展なのではないかと思われる『新選組展2022』を京都文化博物館で見てきました。
2004年の『新選組!展』の東京会場は江戸東京博物館でしたが、京都会場は京都文化博物館だったそうです。同じ場所なんですね。
しかし、どうして『新選組展2022』は東京ではやらないのだろう?

 Sin04Sin01_20221205173901

『新選組展2022』のポスターは上の写真のような感じなのですが、一枚だけ斎藤一さんの写真の物を見つけました。無茶苦茶ステキでした。展示物の写真撮影は禁止でしたけど、それはポスターだし、出口のすぐ横、ほぼ出口だったから、「撮らせてもらえないかなぁ」と思い、頼んでみましたが、ダメでした(泣)。会場出た所からでも撮れそうでしたが、一度断られた後だったので諦めました、ううう(涙)。

「色々な展示を見てきた」なんて書いちゃいましたが、新選組ファンになってから北海道にはまだ行っていないので、北海道から借りてきた展示があるのは嬉しかったです。
あとは、松平容保公の所有していた刀というのに無茶苦茶テンション上がったのですが、こちらは会津から来ていたので、会津を何度も訪れている私は見たことがあってもおかしくない? 思い出せないなぁ(爆)。個人所有の物らしいから、私が目にするのは初めてなのかなぁ。

そんな感じで、素晴らしい展示が色々ありましたが、見てもまた絶対忘れるので図録をゲット。高かったけど、全国旅行支援で3000円クーポン貰ったから、いっか。行ってもいない18年前の『新選組!展』の図録をずーっと欲しいと思っていましたが、もうこれがあればいいです。満足。なんたって、18年前には公の場には出されていなかった斎藤さんの写真が載ってますから!

ポスターになっていて驚かされた斎藤さんの写真は、ポストカードにもなってました。近藤&土方のポストカードならわかりますが、斎藤さんの写真のポストカードを手にする日が来ようとは。夢のようです。感激です。容保公のポストカードも今迄ありそうでなかった(私は見た事がなかった)ので、大喜びでゲット。

Sin02_20221205173901 Sin03_20221205173901

今回はグッズが無茶苦茶充実してました。種類が多かったし、デザインの良い物も多かったです。私が今迄見たスーベニアショップの中では一番買いたい物が多かった。『刀剣乱舞』関連グッズで女性向けのかわいい物が出回るようになりましたが、その波及効果なのか? 写真のキーホルダーとか羊羹(笑)には、とても美しい柄が描かれているのですが、『刀剣乱舞』以前にはなかったようなタイプの商品じゃないかな。
『刀剣乱舞』といえば、今回は和泉守兼定が来てました。キャラクター(看板)と本物の刀の両方。

実は、太秦映画村にも新選組グッズが結構売っていて心ひかれつつも、「京都文化博物館で買おう」と我慢しました。「京都文化博物館でいい物が置いてなかったら後悔するかも」とちょっぴり不安もあったのですが、我慢しといて良かった。

その後は京都御苑へ。

Gyo01 Gyo02

Gyo03 Gyo04

京都を歩いていると、目的地じゃない偶然通りかかっただけの場所に目を奪われちゃう事があります。

Ma02_20221205184801 Ma06

俵屋旅館はデヴィッド・ボウイ(やスティーブ・ジョブズ )の定宿。
以前、「デヴィッド・ボウイ写真展ツアー」で訪れました。当時の記録はここ
今回は目指したわけじゃありません。気付いたらそこに俵屋旅館があったのでした。

右の写真の看板には「本因坊発祥の地」と書いてあります。「本因坊」は世襲されている囲碁の名人の名前。

Ma04_20221205184801 Ma03_20221205184801

(写真左)京都と似合ってないようで似合ってるユニオンジャック。
(写真右)このCDは何ですか? カラス除け?

Ma05_20221205184801 Ma01_20221205184801

(写真左)リース(?)がかわいい。
(写真右)刀剣屋さん

そして、10年ぶりに「池田屋 はなの舞」に行きました!! 10年も経ってたかぁ(汗)。当時の記録はここにありますが、こんな事書いてました。

「この地に建つ店は繁盛しない」というジンクスを聞いた事があるので、ハラハラしながら「お願いだから私が行く迄は潰れないでね」と願ってました。無事営業していて良かった(笑)。

まだちゃんと営業しているのは、喜ばしい。

Ike01_20221205194101 Ike02_20221205194101

Ike03 Ike04

こんな所にカタールの国旗が(違)。

Ike06 Ike07

10年前に訪れた時も『薄桜鬼』とのコラボをやっていましたが、今もやっていました。
Img_2373
『薄桜鬼』の登場人物の名前が付いた飲み物を頼むと、そのキャラのコースターを貰えます。
当ブログではすっかりおなじみの黒と白の飲み物(笑)。これは、「相馬の心意気」という名前のドリンクです。別に相馬のファンじゃないけど、チョコレートとクリーム見たら注文せずにはいられなかった……。相馬のコースター、いただきました。

Ike08 Ike09

あっという間に飲んでしまってから、「三番組組長」という名前のドリンクを注文しました。全く私好みのドリンクには見えなかったけど、コースターにつられた(爆)。思ったより美味しかったです。

10年前の記事には、

斎藤カクテル(「一の機転」)もあったんですが、それはウォッカ入りで強そうなので避けてしまったのが悔やまれます。斎藤コースター貰えるんだったら、その「一の機転」とやら、頼めば良かったなぁ。

なんて書いてましたが、現在は、コースターをもらえる対象のアルコールドリンクはアルコール抜きにしてもらう事が出来るようになっていました。素晴らしい!! つまり、アルコールの苦手な私は「『三番組組長』のノンアルをお願いした」という次第。
斎藤のコースター、いただきました。

メインメニューは、「勝海舟」(爆)。

実は、「土方歳三」は「鱧の卵とじ」、「高杉晋作」は「ふぐ鍋」だったので、食事制限をしている私は食べられなかったのです。「勝海舟」は「両国鶏ちゃんこ」だったので食べられそう。東京に住んでる身としては「京都に行って両国……」と抵抗もあったのですが、ちゃんこ食べたかったので。「勝海舟」にしちゃいました。
が、その他に、お刺身と焼き魚と天ぷらが付いてきちゃったのでした。しまったー。
「もったいない」と思いつつも、お刺身と焼き魚は残しました。衣が薄目だったので、野菜の天ぷらは食べちゃった。エビの天ぷらは残しました、ううう(涙)。
ちゃんこは美味しかったです。玉ねぎが入ってるのが嬉しかった。「『玉ねぎだー!』と思ってよく見ると白菜でがっかり」という事がよくある私です。いや、白菜も入ってたけど。

最後は東寺の五重塔を見て、帰りました。

Tojid01 Tojid03

ライトアップ直前と直後。新幹線の時間が迫っていたので、境内には入りませんでした。

Tojin02 Tojin01

Sta02_20221205201701 Sta01_20221205201701

完。

|

« 京都旅行2022秋 その3 | トップページ | す、す、すごいっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都旅行2022秋 その3 | トップページ | す、す、すごいっ!! »