« 世界フィギュア2023 | トップページ | はじめての甲子園 その2 »

2023.03.26

はじめての甲子園 その1

「甲子園に高校野球を観に行きたい」とずっと思っていました。
昨年、当ブログにこんな事を書いていました。

「いつでも行ける筈なのに、なんとなく行ってませんでした。
いつでも行けると思っていたのに、コロナのせいで大会自体が開催されなかったり、客を入れない事態となった時には動揺しました。
いつでも行けるわけじゃないんだ……」

そして、体力にも自信がなくなって、

「もう夏の甲子園観戦は諦めようと思いました。今後は春のセンバツを目指します。」

と、書いていたのでした。
ちょっと焦りの気持も出てきました。

今年は全国旅行支援が使えるので絶好のチャンスかもしれない。
行ける時に行っておかなければっ!
と思い……

憧れの甲子園に、行っちゃうことにしましたっ!!

「行くんだったら、準々決勝の日」と、かなり昔から思っていました。
ベスト8の全校を一日で見られるからです。
もちろん決勝戦は観たいけれど、決勝戦の日は2校しか見られないじゃないですか。
しかも勝負は時の運。必ずしも本当に強い2校が残るとは限らないのです。

ちなみに、昨年、私は見たい学校について、こんな風に書いてました。

「『ブラスバンドが上手い高校の試合もいいな』と思っている今日この頃です。たとえば大阪桐蔭。今回は『鎌倉殿の13人』を新たなレパートリーに加えていました。あれ、生で聴きたい。大阪桐蔭の試合を観に行けば、将来プロ野球選手になる球児を見る事もできるかもしれない。一石二鳥」

今回も優勝候補の大阪桐蔭ですが、決勝に残るとは限りません。
けれど、ベスト8だったら、かなりの確率で残るだろうと思いました。

チケットは一回戦から準々決勝まで同時に売り出されました。
準々決勝の当初の予定は3月27日でした。
日帰りはさすがに厳しいので1泊しよう。いや、雨の可能性も考えて2泊にしよう。「2泊3日なら、2日試合を観て、1日観光が出来る」と思いました。
3月27日から2泊の大阪のホテルと新幹線がセットになったツアーを、出発より相当前に、余裕のあるタイミングで申し込みました。旅行支援が終わっちゃうと困るので早めに。

出発の1か月前に「新幹線が取れました。支払い手続きをして下さい」的なメールが届いたのですが、クレジットカード払いを選んでいた私は手続きが済んでいると勘違いして、このメールをスルー。
すると、なんと「支払い手続きがされていないのでキャンセルになりました」といった連絡が来てしまいました。ひー!!

カード払いって、「申し込みと同時に認証」というイメージがあるのですが、JR東海ツアーズさんは、「新幹線が取れてから、カード番号を取得して認証」という流れだったのです。そういえば、カード払いを選びはしたけれど、カード番号訊かれてなかったよ……(JRチケットは1か月前からでないと取れない)。

顔面蒼白になりながら、改めて申し込もうとしたら、大阪のJR東海ツアーズ分の旅行支援は終了していました。ショック過ぎる……。

が、捨てる神あれば拾う神あり。
最初に申し込んだ時にはまだ対応していなかった兵庫の旅行支援が、このタイミングで受付けていたのでした。(甲子園は実は兵庫県にあります)
しかも、東福寺に行った時にもお世話になった「ずらし旅 選べる体験(神戸)」の中に「甲子園歴史館」の入場券とお土産があるではありませんか。ラッキー♪

一難去ってまた一難。
3月23日に雨が降りました。順延です。つまり準々決勝は3月28日になったのでした。28日のチケットも買う事にしましたが、24日の朝10時から発売との事。慌ただしい。
この慌ただしさについていけない人が多かったのかもしれません。無茶苦茶良い席が取れてしまいました。どんな席かは……後日お知らせします。二泊三日にして良かった、うふ♪

雨での日程変更はこれで終わりませんでした。
出発日の前日、3月26日も雨。準々決勝は3月29日になってしまったのです。29日のチケットは27日の朝10時から発売となったんですが、その時間にはもう家を出て、新幹線の中にいるはずの私……。

迷いました。既に2日分のチケットを買っちゃってたので、「もう、いいかな」と思いました。いくら野球好きでも3日連続観戦って、ちょっとキツイかもしれない。せっかく関西行くんだから、観光もしたい。でも、そもそも準々決勝を観るのが目的だったわけで。
……うーん……どしよう……。

続きます。

|

« 世界フィギュア2023 | トップページ | はじめての甲子園 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界フィギュア2023 | トップページ | はじめての甲子園 その2 »