« 鉄道と港の街つるが | トップページ | ついに「リゾートしらかみ」に乗車 »

2024.04.22

「ゆうかり」乗船

ここの続きです。

敦賀港から、新日本海フェリーの「ゆうかり」に乗船しました。

Yuk01 Yuk02
3階から上が客室です。
専用テラスが付いている部屋は5階のスイートとデラックスAツインのみ。
私はデラックスAツインです。
鍵がカードキーではなく、古いホテル風のタイプで、不器用な私は最初開けるのに、結構苦労しました(いったん、「こっちに回してここで止める」などとわかっちゃえば簡単)。

Yuk03 Yuk11

部屋はこんな感じ。
 Yuk04Yuk06
撮り方が悪かったのか、なんかベッドが乱れているように見える? 使用前です。

憧れのテラスに出てみたら、新日本海フェリーの船が見えました。『ゆうかり』も航行しているところを外から見るとこんな感じなのですね。

出航後、しばらくは他にもいくつかの船を見かけました。
Yuk07 Yuk08
曇っているのが残念。新潟は晴れの予報なので、夜には晴れて月が見えるかな?
ということで、望遠鏡を組み立てることに。

Yuk09 Yuk10
正しく元に戻せるよう、いろんなタイミングで写真を撮りまくりました。
望遠鏡使うの初めてなので、子供向けの物(でも評価は高い)を借りたのですが、組立て、難しかった~。無茶苦茶時間かかりました、不器用ですから(泣)。

そうこうしているうちにお昼の時間になりました。『ゆうかり』のレストランは24時間営業しているわけではなく、「昼は12:00から13:00まで」のように決まった時間帯のみ開いています。
部屋のモニターで施設の営業時間が見られるようになってました。

Yuk13 Yuk14
今、どこを航行しているかも、このモニターでわかります♪

Yuk15 Yuk16
海を見ながら、花畑牧場豚丼をいただきました。はい、実はこのフェリーは北海道行きなのでした。私は北海道までは行かないですけどね。

Yuk17 Yuk18
シアタールームで映画が上映されるというので行ってみました。
「観たい」と思っていたはずの映画だし、最初の30分位はワクワクして観ていたのですが、なんと途中で飽きてしまいました。「映画がつまらなくて途中で見るのやめる」なんて事はほとんどしない私ですが、途中退場してしまった。「外の景色を見た方がいい」と思っちゃったのかも。
部屋に戻る途中にデッキを歩いてみました。少し晴れて、明るくなってきました。望遠鏡で何か見られるかも?

Yuk05Yuk20

望遠鏡は卓上タイプなのでテーブルの上に置いたんですが、窓が曇っているので何も見えません。
ちょっとティッシュで窓を拭いてみましたが、拭きムラが出来てしまって、なかなかきれいになりません。
それに無茶苦茶汚れてるんです。海だから仕方ないのかなー。ちょっと拭くとティッシュが真っ黒&ビショビショになって、広範囲を拭く事が出来ません。部屋のティッシュ使い切るわけにもいかないので、すぐ諦めました。また機会があったら、その時はワイパーを持ち込もうと思いました。

ちなみに、テラスにテーブルはありません。
スイートには5月(だったか?)からテーブルが置かれるらしいですが、デラックスAには通年で多分ない。
部屋のテーブルを外に移動できないかと思ったけれど、しっかり固定されていて、動かせませんでした(^^;)。
実は乗船前にテーブルを借りれないか電話で問い合わせをしたのですが、断られました。
ただ、ものすごい風で、とても長期間はテラスにいられる気がしませんでした。なので、借りなくて、というか借りれなくて良かったのかもしれません。「寒いかも?」とは予想していたけれど、あんなに風が強いとは予想できてませんでした。
あんな中では座って寛げないと思うのですが、スイートのテラスにテーブルが出るという事は、夏になったら風はおさまるのだろうか? それともあくまで停まっている時用のテーブルなのか?

昼の景色を望遠鏡で見るのは諦めて、ブログ記事でも書こうかと思いました。スマホで入力するのは苦手でストレスを感じるので、折り畳みのキーボードを持ちこみました。これがあれば、サクサク進む……と思ったのですが……

なんか気持ちが悪くなってきました。
船酔いです。
一応シーバンド(酔い止めバンド)を付けてはいたんですが、ダメでした。ちなみに、父島行った時に使ったバンドです。ひょっとしたらブルーゼファーで買ったのかな?(おぼえていない)
乗り物に30分以上乗るとわかってる時は携帯します。ずっと使い続けてます。効果は半信半疑なんですが、しないよりはマシかと思ってるのです。

一時間位横になっていましたが酷くなる一方でした。一人旅だと、こういう時、薬を自分で買いに行かなければならないのですね。這うようにフロントへ行き、酔い止め薬を買って飲み、また横になりました。夕食のアナウンスがありましたが、それどころではありませんでした。

「新潟には定刻より30分程早く着きます」というアナウンスがありました。
私は秋田で下船する予定だったのですが、到着予定は翌朝です。船で一晩過ごすのが恐ろしくなってきました。
秋田からの予定は色々ありましたが、もう全部キャンセルして、新潟港で下船して帰ろうかと考えました。
ただ、新潟港に着くのは夜10時近く。スマホで調べましたが(wifiつながって良かった)、港から新潟駅まではバスに乗らなければならず、その日のうちに東京に帰り着く事は出来そうにありませんでした。
「新潟に泊まるならどこがいいだろう? 具合悪くてバスに乗るのイヤだから、港の近くにホテルないかな?」などと必死に探しましたが、なかなか良いホテルが見つかりません。絶望……。

が、薬が効いたのか、あるいは港が近くなって揺れが少なくなったのか、徐々に元気になってきました。当初の予定通り秋田まで行く事を決意しました。

外を見る余裕が出てきたので、部屋から外を見たら、星はおろか月すら見えません。
テラスに出てみたら、外は無茶苦茶明るい!
部屋の窓からは死角の、船の上あたりに月が見えました。
月が明るいと、こんなにも星が見えないものなのか(呆然)。月すごい。なめててすみません。

Yuk21 Yuk22
(新潟港から見た月と夜景)

月はその後、どんどん窓からは見えない位置へと移動していってしまいました……。
つまり、望遠鏡は全く役に立ちませんでした。またしても無駄な出費をしてしまった。ふっ、いい勉強になったよ。そして、こんなに気軽に借りられるなら、また利用したいと思いました。一眼レフとかミラーレスのカメラとか、借りてみたいかも。

その後、新潟港でかなり長い間停まっていたので、出航する頃にはすっかり元気になっていました。お腹がすいたけれど、もうレストランはやっていない。お菓子でごまかしました。

Yuk23aYuk24
(『ゆうかり』船内で買った、北陸の「カレービーバー」、北海道限定の「ハッピーターン」、道南食品の「まるっと北海道いちご ミルクチョコレート」、北海道日高乳業の「ヨーグルッペ」白ぶどう)

朝は、秋田港到着予定のアナウンスで起床しました。まさに夜が明ける瞬間?

Yuk29 Yuk25
風車が美しいと思ったけれど……

Yuk27Yuk28
角度を変えて見ると、工場地帯みたい。風力発電でもこんな感じなんですか? それとも、モクモクの煙は風車とは関係ない工場から出ているのですか?

Yuk30 Yuk31
一時はどうなるかと思いましたが、元気に秋田港に到着出来て良かった。天気もすっかりよくなりました。

|

« 鉄道と港の街つるが | トップページ | ついに「リゾートしらかみ」に乗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄道と港の街つるが | トップページ | ついに「リゾートしらかみ」に乗車 »