2020.09.19

ラビリンス 魔王の迷宮

Google Home(スピーカー)に「デヴィッド・ボウイをかけて」と言ってみたら、聞き取ってくれなかったので、ためしに「『ラビリンス』をかけて」と言ってみたら、ちゃんと映画のサントラをかけてくれました(笑)。
久しぶりに聴いたら、なんだか素晴らしく聞こえました。

"Underground"って、あんなにサックスが目立つ曲だったんだ。
あの頃の私は、まだ「サックス好き」という確信を持っていなかった気がする。
こんな風に「なんか好きだなぁ」と思う曲にサックスが使われている事に後から気付いて驚く事が多い私です。

と、サックスの事は忘れかけていたのですが、低音が響いていた事はよく覚えています。
大きな映画館に低音が無茶苦茶響いて、すごくわくわくしたんです。
ボウイの映画といえば単館上映の物が多いので、あんなに大きなスクリーンで観た事が今となっては夢みたいですが、忘れっぽい私があの響きだけはおぼえていて強烈によみがえってきました。

なんだか無性に映画も見たくなっちゃって、買ったきり封を切っていなかった『ラビリンス』のDVDをようやく開封しました。
このDVDには英語の字幕モードもあります。
せっかく英会話を習っているので、英語の字幕で見てみる事にしました。

La09 

うわー! そうそう、ここ、短いセリフだから聴き取れるかと思って何度も聴いたのに聞き取れなかったんだよーっ!!(大昔のVHS時代)
っていうか、"What's say is say"と聞こえて、「何の事やら」って思いました。結構惜しかったんだなぁ。
ちなみに日本語字幕では「もう後戻りはできん」となってます。
ここだけ取り上げると意味不明ですが……

泣きやまない赤ちゃんがうるさくて、思わず「誰かにさらわれちゃえばいいのに」的な事を言うヒロイン。その言葉を真に受けて、赤ちゃんをさらっちゃうボウイ扮する魔王ジャレス。
「本気で言ったわけじゃない」というヒロインに対して、"What's said is said"→「言った事は言った事」→「もう後戻りはできん」という感じでしょうか。

こんな感じで、短い文でも結構難しい事を思い知らされ、英語力がアップしている実感が全く持てない私でした。
観た事ある作品だから、もちろん内容はわかりますが、カラン・メソッドは効いてないのか?(>_<)

この映画では「隠れミッキー」ならぬ「隠れボウイ」を探すのも楽しい。

La06
これは初めて観た時から「おお」と思ったのですが……

La08_1200
こっちは気付かなかった~。

La04
この右のフィギュアは顔は似てないけどジャレスのコスチュームですよね。

嬉しかったのが特典映像のメイキング。1時間近く入っていました。ボウイのインタビューも含まれていたんですが、私服なのにジャレスのアイメイクが残っている感じが面白い。
そして、後ろにフクロウの置物が飾ってあるのがステキすぎる。というのも、魔王ジャレスはしょっちゅうフクロウに姿を変えるのです。あの映画を見て以来、私はフクロウ見る度にボウイを思い出してしまいます。ハリー・ポッターのフクロウもボウイかと思った(笑)。

La03

ジャレス役の候補としては、ボウイの他になんとマイケル・ジャクソンとスティングの名も挙がっていたそうです。
マイケル・ジャクソンのジャレスはなんとなく想像出来るけれど、スティングは想像付かないなぁ。っていうか、スティングはこういう映画出そうな気がしない(^^;;;;)。

La01r  

ジャレスはこんな水晶玉をジャグラーのように器用に操ります。
合成だろうと思ってはいたんですが、ボウイの背後にぴたりとくっついた人が手だけ動かすという手法を取っていてびっくり。いくら古い映画とはいえ、他に方法なかったのかな。

とても面白いメイキングでした。もっと早くから見ておけば良かった。

| | コメント (0)

2020.05.20

私を野球につれてって

夏の高校野球甲子園大会も中止となってしまいました。
「センバツに出る筈だった学校を、なんとか夏に出させてあげられないだろうか」なんて思った事もありましたが、まさか夏までダメとは。
もう、なんといっていいのやら……3年生、気の毒すぎる。
今迄、干支占いはあてにならないと思っていたけれど、「2002年の午年生まれの人の今年の運勢は凶」とか言われたら納得してしまいそう。この禍が転じて、いつか福となる事を願ってやみません。

続きを読む "私を野球につれてって"

| | コメント (0)

2018.06.30

グレイテスト・ショーマン

「入院している間にほとんどの映画館での上映が終わってしまったシリーズ第二弾」は『グレイテスト・ショーマン』。

続きを読む "グレイテスト・ショーマン"

| | コメント (0)

2017.07.20

『プレステージ』

DAVID BOWIE is(ボウイ展)で流れていた映像は大体どこかで見たことある物ばかりだったのですが、数少ない未見の映像が映画『プレステージ』の物でした。

続きを読む "『プレステージ』"

| | コメント (0)

2017.07.01

『キャット・ピープル』

デヴィッド・ボウイのアルバム、『レッツ・ダンス』が大好きです。

続きを読む "『キャット・ピープル』"

| | コメント (0)

2017.03.25

オーディションの結果がNOでも立ち上がり前を向く

アカデミー賞授賞式には驚かされました。
作品賞が『ラ・ラ・ランド』と発表された後で、まさかの訂正。
ぬか喜びさせてしまったお詫びに、もう同じ賞をあげちゃえば良かったのに。
……なんてバカな事も思ってしまった程、楽しかった映画『ラ・ラ・ランド』を見て来ました。

ネタバレあります。

続きを読む "オーディションの結果がNOでも立ち上がり前を向く"

| | コメント (0)

2017.03.09

沈黙―サイレンス―

今まで読んだ本の中でもっとも衝撃を受けた小説といえば、遠藤周作さんの『沈黙』か
ジョージ・オーウェルの『1984年』です。
「好きな小説」ではないですよ、「大きなショックを受けた小説」です。

続きを読む "沈黙―サイレンス―"

| | コメント (2)

2016.11.23

足ながおじさん

私は「日記みたいな物」を書くのが好きです。
ブログ全盛期にブログ・デビューしたわけですが、その後のフェイスブックやツイッター、インスタグラムにはそれ程魅力を感じないので、「ブームに乗って始めた」というよりも、「ブログが私にぴったりのツールだった」という事だと思います。

続きを読む "足ながおじさん"

| | コメント (2)

2016.04.11

地球に落ちて来た男

待ちに待っているデヴィッド・ボウイの回顧展 DAVID BOWIE ISの日程が発表されました。
来年1/8(ボウイのお誕生日だ!)から3ヶ月だそうです♪
1年切ってるんですね。嬉し~。
公式サイトにあった画像(そのままチラシになりそう?)の「デヴィッド・ボウイが来る」というコピーも素晴らしすぎます。
楽しみ、楽しみ、楽しみ、楽しみ←壊れる程嬉しい

地球に落ちて来た男 [Blu-ray]そんなボウイの古い映画を映画館で観て来ました。
昨日まで「爆音映画祭」という(私にとっては)謎の映画祭が開かれていまして、恵比寿ガーデンシネマでは坂本龍一さんがセレクトした名作がこだわりのスピーカーで爆音上映されていたのです。
『戦場のメリークリスマス』や『2001年宇宙の旅』が上映されていて、それも観たかったけれど我慢して、今回観に行ったのは『地球に落ちてきた男』!

続きを読む "地球に落ちて来た男"

| | コメント (0)

2014.01.28

イルカと少年

下の写真は、私の部屋の一部を写したものです。

続きを読む "イルカと少年"

| | コメント (4)