2022.09.26

「お絵描きばりぐっどくん」が描いたボウイ

今話題らしい「お絵描きばりぐっどくん」(LINEアプリ)にデヴィッド・ボウイの絵を描いてもらいました。

まずはオーソドックス(?)なところから、「ゴッホ作デヴィッド・ボウイ」と注文してみたら、こんな風になりました。

Go

それっぽいかも。

次にボウイに影響を与えた画家の皆さんの作風で。

Ro Eg

ロゼッティとエゴン・シーレです。

Da Pi Mi

ボウイだったら、ダリとピカソも欠かせないかな。
ピカソ風に書いてもらった絵がミロみたいになったので、ミロ風に書いてもらったらどうなるかも試してみました。

スペインの皆さんは前衛的すぎるかもしれない。フランス画家でも試してみました。

Re Se La

ルノワールとジョルジュ・スーラは美しい! ロートレックのボウイは……ミック・ジャガーみたい。
どういうカラクリになっているのかよくわからないのですが、稲妻マークがようやく消えました。フランス画家には稲妻は似合わない?

Mu Ch

きれいな絵が見たくなって、ミュシャとシャガールでも試してみました。

日本風もできるのかな?

Sha Ho Ka

写楽と北斎です。ボウイの面影がない……。
別に画家の名前を入れなくてもいいらしいので、「歌舞伎役者風デヴィッド・ボウイ」という注文もしてみたのですが、恐ろしいことになりました。

色々試せて楽しいです。AIすごい!! 一日10枚までしかお願いできないのが玉にキズ。

| | コメント (0)

2022.09.15

ワンカラで採点にトライ

前回、「もっとTokyo」で都内のホテルに泊まった話を書きましたが、「ワンカラ」(ひとりカラオケ専門のチェーン店)の近くに泊まったので(意図的です)、歌ってきちゃいました。
「モーニングフリータイム」というのがあって、朝は料金が安いのです♪

今回はDAMにしてみました。

同行者がいる場合はカラオケ採点機能を使う勇気が出ない私ですが、1人なら「低得点が出ても恥ずかしくない」と思い、恐いもの見たさで採点機能を使ってみました。

採点にも色々あるのですね。
「シンプル採点」というものでは90点以上を連発出来たのですが、「精密採点Ai」というものでは89.89点までしか出せませんでした。←ボン・ジョヴィの"You Give Love A Bad Name"です。
小数点第二位まで出るって細かすぎ。っていうか、ストロベリー・スウィッチブレイドの"Since Yesterday"は89.568点だったので、本当は小数点第三位まで出る模様。

Saiten2

左が"You Give Love A Bad Name"。
「文句なし」とまで言ってくれてるのに、90点いかないらしい。
「こぶし0回」っていうのが致命的か?
ちなみに私のボン・ジョヴィは一部で「カーディガンズなボン・ジョヴィ」と言われた位で、シャウトはしません。起伏なく平坦に歌ってます(汗)。男性曲ですが、キーは私にピッタリ。

右はデヴィッド・ボウイの"Absolute Beginners"。
こぶしをきかせたつもりはないのですが、こちらはなぜか「こぶし5回」となってます。ゆったりしたテンポの曲で、とても気持ち良く歌えました。遅いテンポの曲は人前で歌うと緊張して声が震えちゃうので、なるべく避けるのですが、一人だったら気にせず何でも歌える~♪

オリビア・ニュートンジョン追悼で、「そよ風の誘惑」も歌ってみました。
普通に歌ったら高音が苦しかったので、キーを下げて歌い直してみたら、得点も3点下がっちゃいました。高い声で頑張って歌った方が不安定だとしても得点が上がるのでしょうか……?

ハートの"Never"の歌詞には"Some things you can never choose"という部分が複数回出てきます。
後半は"never never choose"と"never"を重ねるのですが、以前歌ったカラオケでは前半が"never never choose"となっていて、すごく違和感がありました。今回はそれが直っていて嬉しかったです。いや、修正されたのかもしれないけれど、以前歌ったのがJOYSOUNDだったのかもしれない……?

昔は、工藤静香さんの『禁断のテレパシー』を十八番としてました。特に好きな曲ではないのですが、とにかくキーが自分にピッタリで、歌っていて気持良かったし、「うまく聞こえる」と思っていたのです。が、久々に歌ってみたら、苦しかった……。喘息のせいだと思いたいのですが、年のせいかもしれませんね。以前は高音の曲を好んで歌っていたのになぁ(寂)。
松田聖子さんも昔の曲を今はキー下げて歌ってるし、ジョン・ボン・ジョヴィはライブで高音部をファンに歌わせてるし(苦笑)、年を取ると高音が出にくくなるんですね。

DAMにしろJOYSOUNDにしろ、機種が新しくなるにつれ、曲数が増えているだけではなく、クオリティも上がってるように感じました。「本人映像」も増えた気がします。
ボン・ジョヴィでは"It's My Life"や"Livin' On A Prayer"が本人映像で、一緒に歌うとすごく楽しいです("Always"も本人映像だけど、あまり好きな曲じゃないので、これはどうでもいい)。

デンモクmini(DAMのアプリ)をダウンロードしたことだし、ワンカラ、ちょっとクセになりそうです♪(でも自宅の近くにない……)

| | コメント (0)

2022.09.03

Michail, Michail

昨日、ファミリーマートに行ったら、フジファブリックの『若者のすべて』が流れてました。嬉しすぎた。

帰宅後、「何か面白い番組やってるかな?」とテレビを付けたら、なんと3分も経たないうちに『若者のすべて』が流れてきました。『沸騰ワード10』という番組で「ねぶた」を特集していてそのバックに流れてました。初めて観た番組でした。
一日に二回も予期せぬ所で耳にしてビックリ。夏の終わりに『若者のすべて』は定番なのですね。

私が日本で一番好きなアーティストは『若者のすべて』を作った志村正彦さんですが、
ドイツで一番好きなアーティストはニナ・ハーゲンかもしれない。
って、ドイツ人アーティストをたくさん知ってるわけではないのですが(^_^;)。

以前、自分の好きなアルバムを100枚選んだ事がありますが、ニナ・ハーゲンのアルバムを48位にいれました。
初めて聴いた時はとても衝撃を受けました。かなり聴きまくりました。

そのアルバムの中に"Michail, Michail (Gorbachev rap)"という曲があります。

今、動いているニナ・ハーゲンを初めて観ました。YouTubeありがたい!(今さら)
こんな感じで歌っていたのか……っていうか、写真ごとにイメージが全く異なるんですよね。
パンク風だったり、ロリータ風だったり、変幻自在。

私が持っているCDは輸入盤で日本語訳もないので意味はずっとわからなかったのですが、
「Michail, Michail
Überall in Ost und West hast Du Freunde, doch auch Feinde」
という歌詞があり、そのままGoogle翻訳にかけてみたら
「ミハイル、ミハイル
東西どこでもあなたには友達がいますが、敵もいます」
と訳されました。

日本を含む諸外国では大人気のゴルバチョフさんですが、プーチン政権下のロシアでは国葬にしてもらえないらしいですね……。

ちなみに"Michail, Michail (Gorbachev rap)"の入っているアルバムの1曲目が、"Move Over"。その迫力に圧倒され、「すごい人だな」と思いました。当時はジャニス・ジョプリンのカバーだと知らなかったのですが(汗)、今でもこのカバーの方が好きだったりします。

"Super Freak Family"という曲も無茶苦茶好きでした。

Nina is the pioneer here, here!!

 

 

| | コメント (0)

2022.06.07

My death waits to allow my friends

今日のタイトルは「My death」という曲の歌詞から取りました。
オリジナルはジャック・ブレルですが、デヴィッド・ボウイがカバーしています。
"My death waits ○○" というフレーズがたくさん出てきて、「死」は色々な所で待ち構えているというか、身近なところにあると思わされる曲です。

続きを読む "My death waits to allow my friends"

| | コメント (4)

2022.05.03

はじめてのワンカラ

今日は12時まで都内某所にいました。
16:30から某展覧会を観る予定でした。
4時間半あれば一旦家に帰って休めるけれど、また都心に出るのが面倒くさい……
という事で、時間潰しにワンカラに行ってみる事にしました。

続きを読む "はじめてのワンカラ"

| | コメント (0)

2022.03.29

Time may change me.

度々お世話になっていたココログ(ニフティ・ブログ)の「お題の記事でポイントGET」ですが、「今回で定期的なお題を出すのは最後となります」との告知がありました。残念。
最終回(?)には参加しようと思いました。
複数のお題が出ていましたが、「『時間』について」というテーマを選ぶ事にしました。

続きを読む "Time may change me."

| | コメント (0)

2022.03.06

Russians

あの歌を思い出したのですが、スティングも呟いてました。




| | コメント (0)

2022.01.19

デヴィッド・ボウイ ×TOWER RECORDS CAFE

デヴィッド・ボウイ生誕75周年を記念して、タワーレコードカフェでは、DAVID BOWIE CAFEを開催中です。

続きを読む "デヴィッド・ボウイ ×TOWER RECORDS CAFE"

| | コメント (0)

2022.01.10

『ジギー・スターダスト』 ジギー誕生50年記念公開

一昨日はデヴィッド・ボウイのお誕生日でしたが、今日はデヴィッド・ボウイの命日です。
そして、昨日は映画『ジギー・スターダスト』を観てきました。
「ボウイ生誕75年、ジギー誕生50年記念公開」だそうです。

続きを読む "『ジギー・スターダスト』 ジギー誕生50年記念公開"

| | コメント (0)

2022.01.08

DAVID BOWIE 75th Birthday

今日はボウイの75回目のお誕生日。
池袋パルコに期間限定(1月31日まで)のポップアップストアがオープンしているというので行ってきました。

続きを読む "DAVID BOWIE 75th Birthday"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

02 語りたくなっちゃう曲 03 音楽(LIVE) 04 音楽(その他) 09 新選組の足跡(多摩) 10 新選組の足跡(東京23区) 11 新選組の足跡(東京以外の東日本) 12 新選組の足跡(西日本) 13 新選組小説(あ~さ行) 14 新選組小説(た行~) 15 新選組(史実本) 16 新選組(漫画) 17 新選組TV(ドラマ) 18 新選組TV(他) 19 新選組(舞台・映画) 20 新選組グッズ 21 新選組GAME 22 新選組(他) 23 野球(アマチュア) 24 野球(プロ) 25 フィギュアスケート 29 サッカーW杯 30 リレハンメル五輪 31 長野五輪 32 アテネ五輪 33 トリノ五輪 34 北京五輪 35 バンクーバー五輪 36 ロンドン五輪 37 ソチ五輪 38 リオ五輪 39 平昌五輪 40 東京五輪 45 他スポーツ 49 八重の桜 50 TVドラマ(NHK) 51 TVドラマ(民放) 52 TV(他) 53 アニメ 54 映画(洋画) 55 映画(邦画) 56 舞台(ミュージカル) 57舞台(能狂言) 58 舞台(歌舞伎) 585 舞台(他) 59 本漫 60 病気 61 怪我 62 夜景 63 季節 70 旅行(東京) 71 旅行(東日本) 72 旅行(西日本) 73 旅行(海外) 74 食(スイーツ) 75 食(他) 85 ペコちゃん 86 バトン 90 展覧会・美術展 91 インターネット・コンピュータ 92 Something kind of hit me today オンライン英会話 北京冬五輪 旧サクソフォーン日記