2019.03.13

好きなギタリスト10人

「10人載せて1人でも被ったらRT」、ギタリスト編もあったので、やっぱり考えてみました。またしてもツイッターではなくブログにこっそり載せる。

1.ミック・ロンソン
2.布袋寅泰
3.リッチー・サンボラ
4.ジョージ・ハリスン
5.ロバート・フリップ
6.ジョー・ペリー
7.アール・スリック
8.ナイル・ロジャース
9.エリック・クラプトン
10.アンディ・テイラー

映画観た直後だし、1位はやっぱりロノで決まり♪

ボーカリストを選んだ時、「好きなボーカリスト」の順と、「好きな声の人」の順が一致していない旨を書きましたが、ギタリストも「演奏が好きなケース」とそれ以外の部分が好きなケースとあるので順位付けは難しいです。ギタリストは曲を書ける人が多いし、プロデューサーとして活躍する人も多い。作曲家としての能力とギタリストとしての腕前は必ずしも比例するわけではないですよね。でもカッコいいギターリフを弾く人は作曲のセンスもあって、プロデューサーの才能もあるのかもしれないなぁ。布袋さんは、まさにそういう人だと思います。

リッチーは存在感抜群でした。リッチーのいないボン・ジョヴィは、寂しすぎる。"Wanted Dead or Alive"のあのコーラスや"Livin' on a Prayer"のトーキング・モジュレーターは、なくてはならないものなのに(泣)。そして、あのダブルネックギターが見られないのは辛い(>_<)。

ビートルズのギターサウンドは好きなのでジョージの名前を挙げてみましたが、すみません、どこをジョージが弾いててどこをジョンが弾いてるとかいうのは全くわかってません。

ロバート・フリップはギターが好きというよりも、創り出す音楽が好きという感じでしょうか。なんか魔法使いのように思えます。プロデューサーとして好きなのかなぁ。
ギタリストとしては、昔「"Scary Monsters"(デヴィッド・ボウイ)のペラペラしたギターはあんまり好きじゃない」とおっしゃる人がいて、「ペラペラした音って何? どういう事?」と頭をクエスチョンマークが飛びまくりました。が、段々とこれが「ペラペラした音っていうのかー、言われてみればそうかもしれない。なるほど」と思うようになってしまいました。洗脳?

エアロスミスのギターナンバー"Boogie Man"、とっても好きです。ジョー・ペリーはルックス、佇まいがカッコ良すぎる。還暦過ぎて、あんな絵になるギタリストは他に思いつかないー。

今まで生で観て一番感動したライブはボウイの「リアリティ・ツアー」なんですが、その時のギターを担当していたのがアール・スリック。あのライブはなんかもう全てが素晴らしくて、アール・スリックの音色は正直良く憶えてないんですが、素晴らしかった気がします(爆)。カッコ良かったです。先日の映画で赤いメガネ姿を観る前だったら、もっと上位でした(^_^;)。

「一番好きなボウイの曲」は、その時々で微妙に変わるんですが、結構な確率で「一番」と言っているのが"Modern Love"。冒頭の「キュウキュキュッキュキュッ」というのがギターらしからぬ面白い音で、まずあれでノックアウトされる私です。この曲はドラムも素晴らしいし、サックスも入ってるし、ボウイのボーカルも最高だし、文句の付けようのない曲なんですが、そのプロデュース兼ギター担当がナイル・ロジャースです。

最後の一人はマーク・ノップラーにしようかアンディ・テイラーにしようか迷ったんですけどねぇ……。マークはギターもいいけど、声も無茶苦茶好きだし。
うー、「好き」のタイプが違うんですよね。

アンディに関してはキャラクターが好きだったのかもしれない。
マーク・ノップラーのキャラ情報なんて全く入ってきませんでしたが、スーパー・アイドルのデュラン・デュランに関しては勝手に(?)色んな噂が飛び込んできました。
「デュランは、アンディみたいなのばっかりいたらハードロックバンドになっていただろうし、ニックみたいなのばっかりだったらロキシー・ミュージックみたいになっていただろう(だったかな?)」みたいな言葉が印象に残ってます。
「アンディはデュランでは思うように弾けない」なんていう噂を聞いていたので、パワーステーションでアンデイが弾いているのを見たら、嬉しくなっちゃったっけ。とはいえ、ロバート・パーマーやジョン・テイラーほどは目立っておらず、応援したくなっちゃったっけ。
そう、パワーステーションのギターはいまだになんとなく「頑張れ、頑張れ」って思いながら聴いちゃう私なのです(苦笑)。

マーティ・フリードマンもある意味入れたかったんですが、メガデスを全く聴いてないのでやめました(爆)。

| | コメント (0)

2019.03.11

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

「ボウイとミック(中略)は相性抜群、最高のコンビ」

と前回書きました。
ミックって、たくさんいますね(^_^;)。
ジャガーもいいけど、ロンソンもね。
という事で、今回のミックはミック・ロンソンです。

続きを読む "ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡"

| | コメント (0)

2019.03.07

David Jagger

前回、「エアペイのCMにデヴィッド・ジャガーが出ている」というお話をしました。
「絶対デヴィッド・ボウイとミック・ジャガーのミックスですよね」なんて書きつつ、"Dancing In the Street"のジャケット写真を載せちゃったりしましたが、あの曲をiPhoneで聴いたり、それだけでは物足りず、ビデオも観ちゃったりしてます。
"Dancing In the Street"について、語り倒してイイですか?

続きを読む "David Jagger"

| | コメント (0)

2019.02.23

David Bowie's Jukebox

今日はとある用事で立川に行きました。
目的地の目の前がディスクユニオンだったのでふらふらと吸いこまれてしまいました。
時間調整のつもりで入っただけなのに、こんな物があったので買っちゃいました!

続きを読む "David Bowie's Jukebox"

| | コメント (0)

2019.02.19

好きなボーカリスト10人

ツイッターで「好きなボーカリスト10人載せて1人でも被ったらRT」というのが流行っているようですが、私のツイッターは常にボウイの追悼コメントを読めるようにしておきたいので、使えません(意味のわからない方はhttps://twitter.com/CELLIERSJをご覧下さい。ボウイの死を悼む有名人の皆さんのコメントが見られます)。
とかいいつつ、『七つの会議』の当たるはずもないプレゼント目当てで一個だけ趣の異なるツイートを載せてますが(爆)。

続きを読む "好きなボーカリスト10人"

| | コメント (0)

2019.02.02

フジファブリック

音楽番組『バズリズム02』を偶然観ました。

続きを読む "フジファブリック"

| | コメント (0)

2019.01.12

DAVID BOWIE THE MEMORIAL DAY

「ミュージック・ライフ・クラブでは、デヴィッド・ボウイのロック・シーンへの功績を讃えるファン・イベント『DAVID BOWIE THE MEMORIAL DAY』を命日直後の1月12日(土)、東京・神田のシンコーミュージック・イベントスペース〈ブレイクセカンド〉にて開催します。」

という文言に引き寄せられ、MUSIC LIFE CLUB Presents『DAVID BOWIE THE MEMORIAL DAY』というイベントへ行ってきました!

続きを読む "DAVID BOWIE THE MEMORIAL DAY"

| | コメント (0)

2018.12.12

20年を経た再会

その昔、あるピンボール・ゲームをやりました。
ピンボールになんて全然興味ないのに、
「面白いから!」
と、弟に半ば強制的にやらされた(苦笑)。

続きを読む "20年を経た再会"

| | コメント (0)

2018.12.02

ウィキペディアのボン・ジョヴィの項を見ながら

ボン・ジョヴィ・ライブの余韻がさめないYAGI節です。こんにちは。

続きを読む "ウィキペディアのボン・ジョヴィの項を見ながら"

| | コメント (0)

2018.12.01

『ボヘミアン・ラプソディ』観てきました

批評家受けは悪く、コアなクイーン・ファンには評判が悪いという噂も聞きました。
実際、フレディ・ファン(と昔言っていた)友人には「興味ない」と言われてしまったこの映画。
が、大ヒットしているし、ライブ・エイドを知らない某方には「絶対観た方がいい!」と言われたし、ボン・ジョヴィ・ファンの某方は「3回観た!」とおっしゃっていました。
そして、なんとあのピーター・バラカンさんが褒めていたというではありませんか。
もっとも、バラカンさんはクイーン・ファンではなく、「ベスト盤に入ってる曲は大体知っている」という程度らしいので、私と一緒ですね(?)。

続きを読む "『ボヘミアン・ラプソディ』観てきました"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧