2019.08.17

バントは難しい

全国高校野球選手権大会の3回戦、星稜vs智弁和歌山戦観ました!!

前夜遅くまで起きていた(早寝の習慣がすっかり崩壊してしまったのでそろそろ立て直さなくちゃ……)ので、朝起きられないかと思ったんですが、目覚ましを使わずに目が空いたタイミングで慌ててテレビを付けたら、まだ第1試合の途中でした。良かった~。

普段はNHKで観るんですが、なんとこの試合のABCの解説は星稜の山下智茂名誉監督と智弁和歌山の高嶋仁名誉監督だというので、BS朝日で観る事にしました(ABCの地上波は東京では見られない)。

いや~、面白かった!
山下さんからは昔の貴重なお話が聴けたし、昨年まで監督をやっていた高嶋さんからは最近のお話も聴けました。

途中で、智弁和歌山のスタンドにいた吹奏楽部の先生の『ジョック・ロック』についてのインタビューが映りました。単にチャンスの時に演奏するだけではなく、流れを変えたい時にも演奏するのだとか。タイミングは結構計算しているそうです。
それを受けて、高嶋さんもあの曲はやはり意識しているとおっしゃっていました。かかると「来た来た!」って思うらしい。そんな話が出た直後に『ジョック・ロック』がかかって、同点になったのにはびっくり。さすが魔曲。

それにしても奥川投手、凄かった。
初回から150キロの速球投げてましたが、延長になってからも球速は衰え知らず。この日の最高速は154キロでした。

もっとも山下さんによると、高校時代の小松辰雄さん(星稜→中日)はもっと早かったそうで、今のスピードガンだったら「160キロ位では?」みたいな事をおっしゃってました。昔と今のスピード表示って明らかに違うので、数値だけ気にするのはいけないですね(でもやっぱり興奮しちゃう)。

智弁和歌山は日本一の投手を想定して練習をしているそうで、高嶋さんの時代は田中将大投手を意識してピッチングマシーンの速度を160キロにしていたそうです。「人間の放る球とはやはり違いますが、目は慣れますね」とおっしゃってました。160キロ打つ練習してるなら、154キロなんてお茶の子さいさい……かと思いきや奥川投手は変化球も多くて、しかもいい所に決まるので豪打の智弁和歌山が思いきり翻弄されてました。延長14回で三振23。大会記録は18回投げての25なので、14回で23個って凄いですよね。いい物観られました。

そして、高校野球のタイブレークを初めて観ました。
去年から導入されてはいましたが、まだ甲子園では2回しか行われてないみたいですね。今回で3度目。その貴重な試合のうちなんと2試合が星稜戦だそうです。はい、星稜は2年連続でタイブレークになっちゃったんですね。去年ホームランで負けて、今年ホームランで勝つというのは、ドラマを感じます。
しかも、相手があの箕島(星稜と延長18回の死闘を演じた)のある和歌山の高校とは。色々な意味でリベンジを果たしました!

多分(?)高嶋さんだったと思うんですが「タイブレークではバントを成功させた方が勝つ」みたいな発言がありました。
「本当に?」と訝りながら観ていたら、確かに両チームともバントします。そして、13回でも14回でも悉く失敗。バントってあんなに難しいもんですか。うーん、前進守備されちゃったらやっぱり大変なんでしょうね。結局両チームともタイブレークでは送りバントを成功させる事なく、ホームランで決着したのでした。
「タイブレークではバント」という戦略が定着しているのかもしれませんが、あんなに成功しないならヒッティングの方が良くないですか? 特に表を0点に抑えた裏のチームは。既にスコアリングポジションにランナーいるんだから。って、あの試合を観た人が皆そう思ったら今度は「タイブレークではヒッティング」というのが定石となったりして。するとたまにやるバントが効果的で、一周してまた「タイブレークではやっぱりバント」となるのかも(笑)。

星稜の応援に、"Born to Be Wild"と"I Was Born to Love You"が使われててちょっと珍しいと思いました。「Born to つながり」(続けて演奏していたわけではないけど)。
クイーンはよく使われるけれど、大体"We Will Rock You"とか"We Are The Champions"ですよね。

| | コメント (0)

2019.07.28

大船渡高校のピッチャー

高校野球の季節ですね。

続きを読む "大船渡高校のピッチャー"

| | コメント (0)

2018.08.08

100回目の夏

甲子園で行われている全国高等学校野球選手権大会、今回は第100回です。
記念大会という事で、毎日第一試合で「甲子園レジェンド始球式」というステキな事をやっています(20日は第二試合にもあるらしい)。

続きを読む "100回目の夏"

| | コメント (0)

2017.08.19

試合終了!……いや、セーフだっ!

その時、
まだ仙台育英vs大阪桐蔭の試合は終わってなかったんですけどね、ブログに書きたいネタ思いついちゃったので、テレビは付けっぱなしにしつつもパソコンに向かってました。
「スリーアウト、試合終了!」と聞こえた後に、
実況アナウンサーは「いや、セーフだっ! セーフだっ!!」なんて叫ぶからビックリしちゃいましたよ。
「何事?」と、慌ててテレビ画面の前に正座する私(笑)。

続きを読む "試合終了!……いや、セーフだっ!"

| | コメント (0)

2015.08.16

私の知らないドカベン

先月宣言した通り、
『黒子のバスケ』と『ドカベン』の視聴を順調に続けてます(^_^;)。
共に週5日放送で、『ドカベン』は1日二話。しかもどちらもリアルタイムでは見られないので録画がたまるかと思いきや、その日のうちに消化出来ちゃってます。
ホントに好きだとそういうもんなんですね。
睡眠時間削っても、その日に見たいと思ってしまう。
そしてそんなに見ても毎晩「えーっ、もう終わり~? ちっ」と舌打ちするのでした。

続きを読む "私の知らないドカベン"

| | コメント (0)

2012.10.09

東浜vs島袋

今、私が最も注目している大学野球の選手は亜細亜大の東浜投手です。
今年の6月、当ブログに「亜大が秋の神宮大会(全国大会)に出場したら、また見に行きます!!」なんて書いたっけ。
神宮大会というのはリーグ優勝しなければ出られない大会なのですが、亜大が優勝するかはまだわかりません。
そして、もし優勝しなかったら、現在4年生の東浜投手のアマチュアとしての勇姿を見る事はもう出来なくなってしまう……
という事で、リーグ戦を見に行く事にしました。

続きを読む "東浜vs島袋"

| | コメント (0)

2012.06.19

第61回全日本大学野球選手権大会決勝戦

甲子園の優勝投手同士の投げ合いとなった大学野球の日本一決定戦を見て来ました。
東京六大学リーグ優勝校・早稲田大学vs東都大学リーグ優勝校・亜細亜大学の対戦です。

続きを読む "第61回全日本大学野球選手権大会決勝戦"

| | コメント (0)

2011.11.04

東都大学野球プレーオフ

昨年は東京六大学野球の優勝決定戦を見に行きましたが、
今年は東都大学野球の優勝決定戦を見に行きました。

続きを読む "東都大学野球プレーオフ"

| | コメント (0)

2011.08.13

153キロ!!

帰省ラッシュみたいですね。
私も副業の方は今日から休みを取ったので、のんびりしようと思ったのですが、急遽本業が大忙し。
今朝は普段より早起きし、ずーーーーっと仕事をしてました。

途中からはテレビを付けて高校野球にチャンネルを合わせてました。
仕事しながらだったんで、音だけ聞いてる感じだったんですが、「152キロ」という声が聞こえてビックリ。
「甲子園で152キロ!?」
聞き違いかと、思わず画面を見たら、その後も150キロ代の速球をビシビシ投げている!!
そして、この日の最高は153キロだったそうです。すご……。

続きを読む "153キロ!!"

| | コメント (0)

2010.11.03

50年ぶり早慶優勝決定戦

今日の報道ステーションのトップニュースは東京六大学野球でしたね♪

続きを読む "50年ぶり早慶優勝決定戦"

| | コメント (2)