2022.06.14

好酸球性副鼻腔炎について

かなり時間があいてしまいましたが、4月7日の記事の続きです。

好酸球性の病気は治療が難しいようで、好酸球性胃腸炎同様、好酸球性副鼻腔炎も難病に指定されています。
以前は、「なかなか治らない場合は手術をする」というのが一般的だったようです。
ただ、手術してもしばらく経つと戻ってしまう事が多いそうで、私がお世話になっていた病院の先生は、「手術した方がいいかも……」とは言いつつも、強制する事はありませんでした。

私の場合は、一番気になる症状が嗅覚障害でした。鼻が詰まって眠れないようなことも一時期ありましたが、そこまで酷い事は滅多になく、生活に支障をきたすという事はさほどありませんでした。なので、好酸球性胃腸炎で入院して(同じ病院ではあったけど)耳鼻科に通えなくなってからは、耳鼻科に復帰する事なく、時が過ぎていたのでした。

いや、正確にいうと、別の医院にも行った事はあるんです。
「好酸球性副鼻腔炎に関しては日本で○本の指に入る名医」といわれるX先生に診てもらいに行きました。
「好酸球性副鼻腔炎にお詳しい先生なんだろう」としか考えず、色々相談させてもらおうと思っていたのですが、今思えば、「手術が上手い」という意味の名医だったのかもしれません。
X先生に執刀してもらいたくて、わざわざ新幹線に乗ってまで訪れる人もいたらしい。
けれども、当時の私は手術に消極的でした。手術しても治るとは限らないらしいし、手術しても戻ってしまう人が多いらしいし、「どうせ手術をするなら名医にやってもらいたいけれど、出来れば手術は避けたい」と迷っていたのでした。
そんな姿勢が「治す気がない、やる気がない」と取られてしまったのかもしれません。X先生が苛立っているのがわかりました。すごく厳しい口調で色々言われて恐かった。手術を避ける後進の先生達がいる事にも怒っているようでした。きっと偉い先生なのでしょう。

山ほど手術をやっているX先生にしてみれば、手術なんて大した事ではないのでしょうが、手術した事のない人間にとっては、恐ろしいものです。大きな手術ではないのに、血栓がどうとかで手術後に亡くなった親戚もいます。少しでも安心させてほしいのに、そんな気遣いはしてもらえそうにありませんでした。
受診中は、恐さと「なんでここまでキツイ事言われなきゃいけないんだろう」という悔しさとで、涙が出そうでした。半泣きでした。帰り道、人がいない通りでは、本泣きしました。
自分が悪いのかもしれないし、恥ずかしいので、今迄記事にはしませんでしたが、本当にイヤな思いをしました。

アプローチを変えてみようと思い、さらに別の某医院、アレルギー科に行った事もあります。
そこでは「好酸球性副鼻腔炎については提携しているいい先生がいるので紹介します」みたいな事を言われたのですが、なんとそれが前述のX先生で愕然。
「診てもらった事あります」とは言えず、丁重にお断りしたのでした。あれにはビックリした……。

あれから何年経っただろう?
そんな苦い思い出があるので、今回のアレルギーセンター(?)でも「また手術をすすめられるのかな……」とハラハラしていましたが、なんと、
「今は、あまり手術はしないですね」
と言うではありませんか!
「手術しても治るとは限らないし、しばらく経つと戻ってしまう事も多いし」
というような事を言ったような気がしますが、都合の良いように解釈してるかもしれない(笑)。
いや、正確な言葉は既に忘れてしまったのですが、お話を聴きながら、
「そうでしょ、そうでしょ!! 私、間違ってなかったよね!!!」
と心の中で叫んでいたのでした。
前述のX先生が鬼なら、今回の先生は仏に思えました。
仏先生とのやりとりをX先生が見たら、「何言ってんだ!」と怒るかも?
時代が変わったのか先生による見解の違いなのか、どちらかわかりませんが、X先生に泣かされた事を、ようやくブログに書ける心境になれたのでした。

ちなみに、以前、

「デュピクセントって、鼻にも効く筈ですよね。それとも同時に何かしなくちゃダメなんですか?」
なんていう相談に乗ってくれる人がいません。

と書きましたが、
今回相談してみたら、「デュピクセントを打っていれば、同時に他に何かする必要はない」と、教えていただけました。
デュピクセントは従来の薬とは段違いな程、良い薬なのだそうです。
3か月位で嗅覚が復活する人もいるけれど、1年位経って復活する人もいるのだとか。
もっとも、薬をやめて戻っちゃう人もいるらしいんですけどね……。
手術やって戻る人もいるので、それに比べればましだと思います。

というわけで、デュピクセントを打っている私は、耳鼻科に通う必要はなさそうです。

ちなみに、今日はホウレンソウの香りがわかりました。
デュピクセントを打つ前よりは、匂いを感じる機会が増えてます。まだまだ、たまにしか感じられないのですが。
そして、鼻が詰まった時に稀に使っていた点鼻薬は全く必要なくなりました。
アレロック(オロパタジン)は、逆に鼻が出すぎる時に使っているのですが、週に1回位で大丈夫かな。
咳も抑えられていて、以前は朝と晩に使っていたシムビコートが、今は出かける前のみの使用で問題ないです。肺の影も小さいままで安定しているようです。デュピクセントのせいで一時的に上がった血中の好酸球値も落ち着きました。

これで、嗅覚が戻ってくれたら言うことなし、なんですが。

| | コメント (2)

2022.04.07

アレルギーセンターに行ってきました

現在、呼吸器内科に通っていますが、
耳鼻科や消化器内科には通っていないので、

「デュピクセントって、鼻にも効く筈ですよね。それとも同時に何かしなくちゃダメなんですか?」
とか
「最近、お腹痛くないので、もう注射やめちゃっても大丈夫ですかね?」
なんていう相談に乗ってくれる人がいません。

続きを読む "アレルギーセンターに行ってきました"

| | コメント (0)

2022.02.02

はじめての失敗(注射)

今日の東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は2万を超え、過去最多となってしまいました。
こんなタイミングで、本当は病院になんて行きたくないけれど……
今日もデュピクセントを打ってもらいに行きました。

続きを読む "はじめての失敗(注射)"

| | コメント (0)

2022.01.06

デュピクセント打ち続けて4ヶ月

昨日、今年初めてのデュピクセントを打ちました。
相変わらず、自分で打つ勇気が持てず、看護師さんにお願いしちゃってます。

続きを読む "デュピクセント打ち続けて4ヶ月"

| | コメント (0)

2021.09.22

3回目のデュピクセント

初めてデュピクセントを打ってから1ヶ月近くが経ちました。

続きを読む "3回目のデュピクセント"

| | コメント (0)

2021.09.08

2回目のデュピクセント

前回、デュピクセントについて、

(今後は)自分で家で打つんだと思います。うう、出来るかな~? 憂鬱……。

なんて書きました。
自分で打つ覚悟は……した筈なんですが、でもやっぱり恐い、恐すぎる。

続きを読む "2回目のデュピクセント"

| | コメント (0)

2021.08.26

デュピクセント打った

2年前、当ブログでデュピクセント(デュピルマブ)についてこんな事を書いてました。

続きを読む "デュピクセント打った"

| | コメント (4)

2021.04.22

17回目のヌーカラ

「コロナ禍の中、病院に行きたくないなぁ」なんて事を思い続けて早1年以上。
1回目の緊急事態宣言が出た時は通院を延期しちゃいましたが、その後は普通に2か月に1度病院に行っています。

続きを読む "17回目のヌーカラ"

| | コメント (0)

2021.02.14

第27回アレルギー週間記念フォーラム オンライン講演会

一昨年、ここで第25回アレルギー週間記念企画中央講演会について書きました。
実は去年も申し込んだのですが、コロナが流行りだしたので恐くてドタキャンしてしまいました。
今年はオンライン開催というので、興味本位でまた申し込んでみました。
日本アレルギー協会主催の講演会が、今週と来週の2日間にわたって実施されます。

続きを読む "第27回アレルギー週間記念フォーラム オンライン講演会"

| | コメント (0)

2021.01.31

オンライン処方

なんと、喘息の吸入薬が切れてしまいました。

続きを読む "オンライン処方"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

02 語りたくなっちゃう曲 03 音楽(LIVE) 04 音楽(その他) 09 新選組の足跡(多摩) 10 新選組の足跡(東京23区) 11 新選組の足跡(東京以外の東日本) 12 新選組の足跡(西日本) 13 新選組小説(あ~さ行) 14 新選組小説(た行~) 15 新選組(史実本) 16 新選組(漫画) 17 新選組TV(ドラマ) 18 新選組TV(他) 19 新選組(舞台・映画) 20 新選組グッズ 21 新選組GAME 22 新選組(他) 23 野球(アマチュア) 24 野球(プロ) 25 フィギュアスケート 29 サッカーW杯 30 リレハンメル五輪 31 長野五輪 32 アテネ五輪 33 トリノ五輪 34 北京五輪 35 バンクーバー五輪 36 ロンドン五輪 37 ソチ五輪 38 リオ五輪 39 平昌五輪 40 東京五輪 45 他スポーツ 49 八重の桜 50 TVドラマ(NHK) 51 TVドラマ(民放) 52 TV(他) 53 アニメ 54 映画(洋画) 55 映画(邦画) 56 舞台(ミュージカル) 57舞台(能狂言) 58 舞台(歌舞伎) 585 舞台(他) 59 本漫 60 病気 61 怪我 62 夜景 63 季節 70 旅行(東京) 71 旅行(東日本) 72 旅行(西日本) 73 旅行(海外) 74 食(スイーツ) 75 食(他) 85 ペコちゃん 86 バトン 90 展覧会・美術展 91 インターネット・コンピュータ 92 Something kind of hit me today オンライン英会話 北京冬五輪 旧サクソフォーン日記