2018.04.15

次に会う時はジャンプ跳んでるからな!

今朝7時頃に起きた時はお腹が痛かったのですが、苦しんでいたら、そのうち痛みより睡魔が勝ちました。11時頃に再び目覚めた時は嘘みたいにスッキリ♪
「こういう時はリンゴジュースだけにしておけば痛くならない」と自信があったので、お腹は空いていたけれどリンゴジュースだけ飲んで、予定通り『Continues ~with Wings~』に行ってきました!
羽生結弦選手の凱旋公演です。

といっても、ケガをしている羽生選手は滑る予定はナシ。
羽生選手のトークと、羽生選手が影響を受けた偉大なスケーター達の滑りを楽しむというイベントです。

羽生結弦 連覇の原動力【完全版】(初回限定特典付き)最初は「羽生選手のイベント。でも彼は滑れなくてトークだけ」というアナウンスしかされてませんでした(某スポーツ紙の見だしは「すべらない話」となっていてウケた)。
一番高い席は18000円。けれども一番安い席は6000円だったので、「出演スケーターによっては6千円の席を買いたい」と思いました。
そして「ジェフリー・バトルが出る」と知った瞬間に「行きたい!」と思った私でした。

が、熱心な羽生ファンの皆さんは、他の出演者が誰であろうとチケット買うんですね。「出演者が決まってから~」なんてのんびり構えていた私はすっかり出遅れてしまいました。3日間もやるというのに、全席売り切れてしまいました。
いやー、「滑らない羽生選手」を見る為だけに1万8千円出す人も沢山いるって事ですね。
という事で、一旦は諦めた私ですが……

プラチナ・チケットの筈のオリンピックのチケットが直前になったらオークションで原価割れで取引されていたのに味をしめた私は、オークションをチェックしてみました。そして、見事4500円で落札出来ちゃったのでした、やったー!!
もっとも腹痛の為、本当に行けるかは開始2時間前までわからなかったのですけどね(^_^;)。あ、会場は、武蔵野の森総合スポーツプラザ。とっても近いんです♪ 私にとってはアクセス最高なんです。

C1 C2

昨年完成したばかりの新しい会場で、東京五輪ではバドミントンと近代五種のフェンシング、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用されるそうです。しかし結構なキャパなのに、3日間共ソールドアウトってすごいなぁ。

ジェフリー・バトル アーティスト・ブック「永遠の青年」かと思っていたお目当てのバトルは、ちょーっとおじさんっぽくなっちゃってたかな。でも、見られるだけで嬉しかった。NHK杯で初めて生で見た時、「なんて嬉しそうに試合に挑んでるんだろう」と、その笑顔にやられてしまった私。トリノ五輪のフラワーセレモニーでの笑顔も印象的でした。今日もステキな笑顔を見られました。
羽生選手は、初めて『パリの散歩道』のプログラムをもらった時に、「バトルが滑ったらすごくカッコイイだろうな」と思ったそうです。私も思いましたー。

驚いたのはシェイ=リーン・ボーン。なんと一人で滑ってました。
『SEIMEI』を振り付けた人ですが、元アイスダンスの世界チャンピオンです。一人で滑るのを見るのは初めて。当然ジャンプもなく、寂しい感じではあるんですが、好きな選手だったのでやっぱり見れて嬉しい。

ジョニー・ウィアー自伝 Welcome to My Worldさらに驚いたのはジョニー・ウィアー。なんと赤いロングドレスで滑ってました。
女性以上に女性らしいとは思っていたけれど、ついに衣装まで……。

盛り上がったのは佐野稔さん! キンキラの光りまくりのジャケットで登場(笑)。
22年ぶりという滑りを見せてくれました。

無良さん(もう選手ではないんですね)の『オペラ座の怪人』が見られたのも嬉しかったです♪

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ 組は80年代ダンスミュージック・メドレーという感じの物を披露してくれたのですが、平野ノラさんの声がたくさん入ってたー(^_^;)。ああいう物もやるとは。イメージ変わりました。

そして、帝王プルシェンコ! 相変わらずオーラありまくりでした。羽生選手の事を褒めまくってました。あ、「褒めてるんじゃなくて、事実を述べてるんだ」と語る映像もあったなぁ(^_^;)。

映像でのみ参加のフェルナンデスは、今日が誕生日だそうです。皆で"Happy Birthday"を歌ってお祝い。こういう合唱ではすぐ口パクでやりすごす私ですが、今日はちゃんと歌いました。おめでとう、フェルナンデス♪

羽生選手は滑らない筈だったんですが、ケガの経過も良好という事で、「SING SING SING」、「ロミオ+ジュリエット」、「SEIMEI」の3曲をジャンプは抜いた構成で披露してくれました。衣装は「ロミオ+ジュリエット」の時の物。私がここで熱く語ったプログラムです。まさか観られるとは夢にも思わず感動しました。
羽生選手に「これで落ちた人?」と尋ねられ、挙手してしまいました。
「ソチで落ちた人」も結構多かったです。
中には「ノービス時代から」という強者(?)も。
「SEIMEI」に関しては「野村萬斎さんにすごく影響を受けた」って言ってましたよhappy02

ジャンプ抜きの演技しか披露出来ない事はもどかしかった事でしょう。タイトルにしたこんな言葉を言ってました。
「次に会う時はジャンプ跳んでるからな!」
人前では普段は敬語で礼儀正しいイメージの羽生選手ですが、時々こういう言い方をするんですよね。ちょっとロック・スターを連想させるような。盛り上げ上手だと思いました。

今日の模様はCSで生放送されたようです(再放送が5/13にあるみたい)。
全国の映画館でライブ・ビューイングも行われたらしい。
うちの近所でもやってたけれど4000円で売り切れだったみたい。すごいなー。

あ、村田選手の試合が始まるので、テレビ観まーす。

| | コメント (0)

2018.04.08

スケーターのタロットカードを作るとしたら

敬称略で失礼致します。

フィギュアほど泣けるスポーツはない!愚者…織田信成
遊び心一杯で常識にとらわれない自由な雰囲気、という事で。
ザヤックルールに何度もひっかかっちゃったという事も選択の決め手にはなってます(^_^;)。

魔術師…ニコライ・モロゾフ
アレクセイ・ヤグディン、荒川静香、髙橋大輔など、数多の選手をまるで魔法でも使ったかのように垢抜けさせました。本当に魔術師のようだった。安藤美姫を世界選手権優勝に導いたのもこの人。

『魔法使いの弟子』の演技が印象的だったザゴロドニュークも考えたのですが、ちょーっと知名度が足らないので外しました、ごめんなさい。

女教皇…八木沼純子
冷静な解説のイメージで選択。

女帝…エテリ・トゥトベリーゼ
ザギトワやメドベージェワのコーチ。
少し前だったらタチアナ・タラソワを挙げるんですが、今ならこの人ですね。

Stars on Ice 2012 Pine [DVD]皇帝…エフゲニー・プルシェンコ
「皇帝」といえば、もうこの人です。

法王…ブライアン・オーサー
御存知、羽生のコーチ。キム・ヨナ他、大きな大会の金メダリストを多数育ててます。
権力ありそう(^_^;)。

恋人…髙橋大輔
最初は「ヤンチャなお兄ちゃん」という雰囲気でしたが、後年は「世界の恋人」というイメージになったような。

戦車…エルビス・ストイコ
空手やカーレースも得意なのだとか。滑りは力強く、まさに戦車のようなイメージでした。

浅田真央 私のスケート人生正義…浅田真央
「清く正しく美しく」って感じがします。

隠者…町田樹
哲学者のような発言、そしてひっそりと学問の道に進んだ彼は、隠者の佇まい。

運命の輪…ジェフリー・バトル
オリンピック・メダリスト→人気振付師への華麗な転身→同性と結婚と、波乱に満ちた運命を辿っています。

力…伊藤みどり
トリプル・アクセル、本当に力強かった……。彼女のトリプル・アクセルが一番好きです。男性の飛ぶトリプル・アクセルより好きな位。

吊された男…ネイサン・チェン
オリンピックの団体戦、個人SPと散々だったチェン。ひょっとしてアメリカ・メディアから吊し上げられた? が、FSでは見事な滑りを見せてくれました。「吊された男」には「初めはつらいが報われる」という意味もあるようです。

死神…エヴァン・ライサチェック
皇帝(プルシェンコ)を倒せるのは死神という事で。あと、彼の『火の鳥』は黒い衣装だった事もあり、黄泉の国からの使者を連想してしまいました。

節制…荒川静香
彼女の金メダルは節制の賜だったような気がします。

Number PLUS FIGURE SKATING TRACE OF STARS vol.7 フィギュアスケート2017-2018 平昌五輪シーズン総集編 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))悪魔…羽生結弦
これは怒られそうですが(^^;)、「悪魔的に強かった、悪魔的な程魅力がある」って事です。ちなみに「羽生 悪魔」で検索してみたら、結構ヒットしました(笑)。
中には「チャン、羽生の存在は『悪魔のよう』」というロイターの記事もあってびっくり。
4年前の記事だったんですが、パトリック・チャンがグランプリ・ファイナルで羽生に敗れて以来、「ベストを尽くしても負けるかもしれない」という疑念が起こり、「悪魔が肩にのしかかっているようだ」と話したんだそうです。

塔…ブライアン・ボイタノ
『氷上のカルメン』という映画(といっていいのかな?)で、カルメンに翻弄される闘牛士役のボイタノが印象に残っています。闘牛士が身を滅ぼす様は、まさに塔が折れるようでした。

星…アリーナ・ザギトワ
月…エフゲニア・メドベージェワ

この2人は「星」と「月」って感じがしたんですが、どっちがどっちだろう……?
やはり「月に代わってお仕置きよ!」と言ってくれたメドベージェワが月ですね♪

太陽…カート・ブラウニング
オールタイムで私が一番好きな男子選手。明るく輝く太陽のような選手でした。今は頭部が輝いてます(泣)。

審判…宇野昌磨
普通は自分の前に滑る選手の演技は見ないといいますが、彼は見るらしいですね。オリンピックでは「これなら自分が完璧な演技をすれば勝てる」と思ったそうです(FSでは完璧な演技が出来なかったわけですが)。その冷静な目は審判のよう!

世界…カタリナ・ビット
女子フィギュアでは史上二人目のオリンピック二大会連続金メダルを獲得したスーパースターはこのカードがお似合いです!

私に絵心があったら、こんな感じのカードを作るんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2018.03.25

何が起こるかわからない

フィギュア・スケート世界選手権、競技は終了しました。

なんか、もう驚きだらけの大会でした。

続きを読む "何が起こるかわからない"

| | コメント (0)

2018.03.23

土曜の夜はボウイでフィギュア!

フィギュア・スケートの世界選手権が始まりました。
な、なんと、男子のSP(ショートプログラム)で3位につけたのはヴィンセント・ジョウ!

続きを読む "土曜の夜はボウイでフィギュア!"

| | コメント (0)

2018.03.17

私が感動した羽生選手の演技

五輪連覇記念記事です。
……というにはちょーっと遅いタイミングになってしまった気がしますが、あれから丁度1ヶ月という事で、こじつけちゃいます。

続きを読む "私が感動した羽生選手の演技"

| | コメント (0)

2018.02.05

フィギュアスケート 表現力ってなんだ

『スポーツ酒場 語り亭』観ました。
今晩のテーマは「平昌五輪直前SP フィギュアスケート 表現力ってなんだ」。

いやー、面白かったです!

フィギュアでは重要とされる表現力、素人にはとてもわかりづらいです。
そんな表現力について、国際審判員の岡部由起子さんや振付師の宮本賢二さんを招いてお話しされてました。
他のゲストも、今や解説でおなじみの佐野稔さん・本田武史さん、そして現役をはなれて日は浅いけれど表現力には定評のあった鈴木明子さんという素晴らしすぎるラインナップ。「さすがNHK」と唸りました。司会のミッツ・マングローブさんもフィギュアにお詳しいから、本当に興味深くて良いお話が聴けました。この番組、毎回観ているわけではないのですが、ここまで濃く、なおかつ面白い回ってそうそうないんじゃないでしょうか。最後に佐野さんは「フィギュア関係者全員観るべき」みたいな事をおっしゃってましたが、ホントそんな感じ。ただ、短かったー。もっともっと聴きたかったー。
いや、50分番組なんですよ。CMのない番組で50分フィギュア、しかも表現力に特化したお話って、結構なチャレンジだと思うんですが、短く感じたんですよねー。あっという間でした。

髙橋大輔 2018年 カレンダー 壁掛け A2 CL-488髙橋大輔選手のソチのビートルズ・メドレーが取り上げられたのは良かったなぁ。メダルを取った『道』じゃなくて、「こっち来たかー」と。
バンクーバーの『道』は嬉しくて嬉しくて仕方ない演技でしたが、ソチの方は悲しくて悲しくて仕方ない演技でした。そういえば、あの後夢に髙橋選手が出て来て、私は泣いてしまったっけ(^_^;)。
でも、皆さんがあの演技を褒めてるのを聞いてたらなんかすごく嬉しくなっちゃいました。リアルタイムで見ていた時は悲しい気持の方が強かったけれど、今見ると爽やかな感動の方が大きい。宮本さんは「彼の最後の表情が幸せそうで」みたいな事をおっしゃってましたが、確かに、その通りでした。

宇野昌磨 飛翔 2018年カレンダー 壁掛け 卓上 セット CL-0486-0487宇野選手の「音の表現の上手さ」というのは全く意識した事がなかったのでびっくり。ちょっと見る目が変わりました。平昌では気にして見てみよう。楽しみが増えて嬉しいです。

岡部さんのお話も面白かったなぁ。
いや、皆さん面白かった!
2月7日に再放送あるみたいです。フィギュア・ファンには絶対オススメです!

| | コメント (0)

2017.12.09

ロシアとアクセルで揺れたファイナル

フィギュア・スケートのGPファイナル、競技は終わりました(エキシビは残ってます)。
ワールド・フィギュアスケート 73怪我に泣かされていた宮原選手、オリンピックに間に合いましたね♪
いや、まだ選出は決まってませんけど、あの調子ならもう間違いないかと(?)。
それにしても213.49点で5位って、信じられない。恐ろしい事になってますね。

続きを読む "ロシアとアクセルで揺れたファイナル"

| | コメント (0)

2017.10.15

痩せるのは難しかった

フィギュア・スケートのリプニツカヤ選手が十代の若さで引退を表明しました。
原因は拒食症との事。
「リプニツカヤ選手があんなに細かったのは、拒食症のせいだったのか」
と思いきや、昨年は「激太り」と騒がれていたらしい。
調べてみたら、確かに6月の写真は別人のようにふっくらしてました。なのに9月はスリム。とてもキレイでしたが、3ヶ月でこれだけ違うというのは健康的な痩せ方じゃなかったのかもしれません。
今年の4月から3ヶ月、拒食症の治療を受けたそうです。

続きを読む "痩せるのは難しかった"

| | コメント (0)

2017.04.23

月に代わってお仕置きよ!

いやー、びっくりしました。女王メドベージェワ様。

続きを読む "月に代わってお仕置きよ!"

| | コメント (0)

2016.11.14

自信を失った

私も自信を失ってはいますが、私の事ではなく、

続きを読む "自信を失った"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧